Home > インタベンション実績例

インタベンション実績例

ケース1

当人
薬物依存症・アルコール依存症・ギャンブル依存症、30代男性
介入参加者
父、母、ソーシャルワーカー
依存対象
覚せい剤、処方薬、アルコール、ギャンブル
自助グループの経験
なし
治療経験
あり
  • 16歳よりアルコール→処方薬、26歳で覚せい剤へ依存
  • 高校卒業後、就労期間は約一年
  • 父50代、母50代、妹30代、弟30代
  • ギャンブルによる借金を約400万円抱え、自己破産
  • 精神病院への入退院を20回以上くり返す。ほかの治療施設への入所を3回したが回復せず
  • 精神病院の入院中にインタベンションを行う。本人は帰宅を強く希望するも両親は連絡を絶ち、面会や差し入れはすべて当センタースタッフが行う。当初、スタッフとの繋がりをいっさい拒否するも、退院時には入所を決意

ケース2

当人
ギャンブル依存症、40代男性
介入参加者
父、母、妻、上司2名
依存対象
ギャンブル
自助グループの経験
なし
治療経験
なし
  • 20代よりパチンコ、スロットをはじめる
  • 町内会やサークルの活動費を横領。そのたびに家族が尻拭いをしてきた
  • 父60代、母60代、妻30代
  • 妻が依存症ダイアルへ相談。妻は自助グループへ繋がり、両親はワンネスグループ主催の家族プログラムへ参加。依存症について学び、尻拭いをやめる
  • 会社に借金をしはじめる。社長に依存症について説明するも理解を得られず、社長がイネイブラーとなる
  • 会社に消費者金融からの取り立てが集中し、業務に支障をきたす。業務中に本人は失踪。半日後に発見。
  • イネイブラーとなっていた社長の底つきによりインタベンションを行い、本人の入所に至る

ケース3

当人
薬物依存症・20代男性
介入参加者
依存対象
覚せい剤・処方薬
自助グループの経験
なし
治療経験
あり
  • 中2よりシンナー、16歳で大麻により鑑別所入所、高校中退
  • 父50代、母50代、兄20代
  • 当人の職業:ペンキ職人
  • 母親がナラノン、社団法人GARDENに通っていることは本人も把握していた
  • ワンネスグループの回復支援施設であるGARDENの外壁塗り替えのアルバイトへきてもらう。スタッフがともに外壁塗装をしながら信頼関係を築く
  • いったん帰宅するも、半月後に入所

ひとりで悩まないで、私たちにご相談ください。

依存症相談ダイアル 0120-111-351 受付時間/月曜~金曜 10:00~17:00

Oneness Group 一般財団法人 ワンネスグループ

JAAI Japan Association of Addiction Interventionist

薬物依存症・アルコール依存症 厚生労働省

薬物乱用対策 内閣府

これって依存症? ハートネットTV

pagetop